料金表


年金裁定請求の費用

★当事務所の特長:
遡及認定の有無によらず報酬額は同じです。
障害年金は生活保障の役割があることを踏まえ、申請者様のご負担を極力抑えた料金設定にこだわって取り組んでいます。

着手金はありません
報酬のお支払いは、年金受給後になります 

※年金不支給となった場合はお支払い不要です 
※診断書、受診状況等証明書の費用、住民票等の公的証明書発行費用、県外への交通費は、 
   ご依頼者様のご負担にてお願いいたします。   診断書は5500円程度が一般的です
 ★なお、一方的な途中解約の場合は、33,000円をご請求させて頂きます。  


額改定請求の費用

更新サポートの費用

永久認定のケースを除き、数年ごとに更新可否の審査があります。更新の時期になりましたら、年金機構から診断書用紙がご自宅に郵送されますので、医師に作成を依頼し、年金機構に提出します。更新時の診断書の内容が、前回の障害認定時よりも軽快している内容の場合は、等級が下がったり、支給停止になる場合があります。日常生活の状況等が診断書に十分反映されているか、弊所でしっかり確認し、更新されるべき方が正当に更新されるよう、サポートいたします。


審査請求・再審査請求の費用

【お支払い方法】
 着手時 ①110,000円(審査請求・再審査請求それぞれの着手時) 
 年金受給後 残りの報酬②をご請求(←年金不支給となった際はお支払い不要です)
 ※県外への出張が生じた場合の交通費は別途ご請求させて頂きます。