障害年金とは


障害年金は、老齢年金、遺族年金と並び、国民年金法、厚生年金法で定められた年金の1つです。所定の障害状態に該当する国民は、当然に受給する権利があります。

しかし、老齢年金、遺族年金に比べ、障害年金は国民への周知が十分でないという現実があります。
私たちは、地元の皆様への障害年金制度の周知にも力をいれております。

日本国憲法
第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する

2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 国民年金法

第一章 総則 

(国民年金制度の目的) 

第一条 国民年金制度は、日本国憲法第二十五条第二項に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によつて国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によつて防止し、もつて健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする。 

(国民年金の給付) 

第二条 国民年金は、前条の目的を達成するため、国民の老齢、障害又は死亡に関して必要な給付を行うものとする。 

厚生年金保険法
第一章 総則

(この法律の目的)

第一条 この法律は、労働者の老齢、障害又は死亡について保険給付を行い、労働者及びその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。

障害年金申請の流れ(ご自身で申請する場合)

※初診日時点が国民年金加入の方は、市役所でも手続きができます。

【申請代行をご依頼いただいた場合】
私たちが下記をご本人様に代わって行います。
①年金事務所、市役所とのやり取り
②病歴就労状況等申立書、その他申請書一式の作成、提出
③病院への受診状況等証明書、診断書作成依頼書の作成
④日常生活の困り事まとめの作成

※今後の治療のためにも、医師とご本人様の信頼関係の維持は大変重要ですので、医師とのやり取りは原則ご本人様にお願いしています。
ただし、医師への補足説明等が必要になるケースでは、医師の了承を得た上で、私たちから直接ご説明等をさせて頂きます。